イラク戦争とは何だったのか

日本人を震撼させた事件

中にはこんなケースも

バングラデシュの事件

先日、またしても日本人がISによる事件の影響で殺害されたという事件が報道される。ニュースを見たとき、またかと正直そう思わなくもないほどに当たり前だと認識するようになっているのもどうなのかと言われそうだが。ただ事件概要を知った際、その場で取った日本人の行動には呆れてものが言えなかったのが本音だ。まるで自分は日本人なんだから殺すなんて野暮だ、そう言いたげな発言に開いた口が塞がらなかった。

その事件とは南アジアにあるバングラディシュ、首都ダッカにある高級住宅街のレストラにて巻き起こった人質を籠城した事件のことです。早期に事件解決となりましたが、人質にされた日本人は全て死亡、犯人たちも大半が射殺されたと報道された。最悪といえば最悪ですが、この事件からはうつろ日本人が海外渡航をしている、それも危険ではない地域だからといってまるで自分を殺してくださいといったような態度が一番引っかかった。

この事件を引き起こしたのもやはりISのメンバーと思しき人間たちによるもので、この事件が解決されるまでに人質たちに対して行われていたのは、魔女裁判さながらの弾圧だった。

イスラムを崇拝しないものには死を

事件解決後、建物に籠城していた犯人グループたちは人質たちに対して何をしていたのかが詳細に明かされた。イスラム教、その教典を知っているかどうかという尋問。これに応えられなければ迷わず殺害していたという。テロリストというよりは異教徒狩りとでも呼んだほうが早いかもしれません。教典が記されたコーランに記載されている教えこそ、イスラム過激派組織としてでもあるISILにとって是対遵守の守られなくてはならない教えとして言い伝えられている。

当然だが、そんなものを日本人がまともに知っているわけがない。人質として捕らわれた日本人たちにも当然教えを言えるかどうか尋ねたのだろう。案の定答えられないと分かれば、首をナイフで切り裂いたと言われている辺りが最早秩序もなにもない、異教を重んじる人間はこの世から死すべきだとすら見ているようだ。

イスラム国にとっては自分たちこそ世界を統治すべきものだと考えているのだろう、そのためにはどこで何をしようと構わないと見ていると言っても良い。改宗し、考えを改めなおせば生かさなくもないとも考えられていますが、それでも待っているのはどうしようもない絶望と地獄だけでしょう。

異教だから全てを排するのが良いのか

日本人が巻き込まれた事件で、海外に在住している日本人の危険意識の無さに呆れもするが、同時に彼らが行ったイスラム教ではない人々をただ虐殺したというニュースには疑問が浮かんだ。異教徒だから全て殺してしまって良い、そんな考えで20数名もの人質を殺したという。さながらアルスラーン戦記におけるイアルダボートを敬虔に崇拝するエステルのようだ。彼女もまた、自分たちこそ唯一無二の存在として見ている点があり、異教徒は全て皆殺しにしても罪にはならないとさえ見ている。

この事件はそんな一つの宗教へ盲目的な信仰心により引き起こされた狂気と呼べるものだ。

少女の首を

改めてISという組織の空恐ろしさを知る事件がもう一つある。これは彼らが現在支配している地域にて、とある一組の母と娘が道を歩いてたという。娘は母のいうことを聞かずに遊んでおり、母が帰ろうと促すため、

『遊ぶのをやめて家に帰りなさい。 神に誓うわ、もし帰らないのならあなたの首を切断するってね』

ものの例えというものだ。だがこの会話を偶然過ぎるくらいにISの戦闘員が耳にしたことで、母親の目の前で娘の首を切り落としたのだ。少女はまだ4歳、若すぎるどころの話ではない子供の死を母は目の前で直視させられたのです。加えて、戦闘員は娘の血に手を浸せと要求するなど残虐非道とはこのことかといわしめん状況が地元の人たちの現実になっている。

イスラム国のしていることは

宗教を下にした考え方を否定するつもりはない、ただイスラム教を崇拝しているのは何もISだけではない。世界各地に信奉者などゴマンと存在しているのだ。彼らのせいでイスラム教とは、どんなに非道な殺し方をしても、自分たちの考え方こそ世界を切り開く、あるいは救済するために必要なことだと肯定する考え方だと肯定しているのかと誤解を招いてしまう。バングラディシュの事件でもそう、異教徒は皆殺しにすればいい、そう結論づけての行動に他ならない。

人を殺せば地獄へ行く、という考え方はないのでしょう。全てはジハード、そこで行われる行為は自分たちが信奉する神によって赦されているとすら見なしているのではないだろうか。他宗教の人に言わせれば、イスラム教とはどんな邪神を祀っているか、そんな誤解を生み出してもおかしくない事件といえる。